ジュエリーという言葉の意味を考える

どういうわけだか、ジュエリーの仕事にどっぷりつかって長くなったけれど、ずっと思っている「ジュエリー」という言葉の違和感。

 

それは、お金がある人しか買えないものであり、多分幸福な人しか買わないものだと、社会の認識がそこにあるからだと思う。

そして、多くのジュエリーを販売する人たちも、そう思っているかもしれない。

けれど、私がお店でジュエリーを買いに来た人たちの多くは、ジュエリーを買う理由が全く反対の方が多い。

何かしら、心の支えを必要としているとか、強く生きようとしているとか、そんなひたむきな人が多い。

ジュエリーを買っていただく方から、人生を学ぶ。

そういう人たちに応えるために、今という時代を、一番感じたジュエリーを渡してあげたいと思う。

 

今、人々が何を一番大切に思っているか。

多分、毎日の日々の生活が何事もなく、つながっていくことが、なんて幸福なんだろうってことに、人々は気づいてしまった。

この感覚は、日本だけではなくて、海外からのお客様も、同じ感覚を持っていると感じる。

日々の生活に、気づいたらあった。

そんなジュエリーが多分、一番大切なジュエリー、意味のあるジュエリーなんだろう。

社会で言われる「ジュエリー」という言葉と闘いながら、今日もジュエリーを、ジュエリーという仕事をデザインしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top