シンコーストゥディオ Artists & Craftsmen ジュエリー from Japan

シンコーストゥディオ Artists & Craftsmen ジュエリー from Japan

NEWS

SHINKO STUDIO NEW Release

おかげさまで、一昨日、昨日(11/24、25)とシンコーストゥディオ世田谷本店で新作のお披露目会を開催させていただきました。

今回はTsustumu[包]のリング、ペンダントのデザイン、原型を担当し、シンコーストゥディオと初のコラボレイトした、ジュエリーアーティスト五味和代とのトークセッションがあり、制作時苦労した制作秘話、また今日本の手仕事の現状、ジュエリーの役割とはなどの話題でセッションさせていただきました。

当日は、フルーツティと地元のイタリアン・コネクトキッチンのイタリアンスイーツもあり、いつもシンコーストゥディオを温かく応援してくださるお客様とのうれしく、楽しいひと時でした。
(さらに…)

Tsutsum リング シンコーストゥディオ

New Release

丁寧に日常を生きる 11/25(土)3:00 新作お披露目

ジュエリーの役割とは何だろう?

私たちは日常の生活を慈(いつく)しむことができるジュエリーをつくりたいと思った。

(さらに…)


11/25(土) 3:00~
お客様 
(11/24(金) 3:30~プレス・関係者)
場所: シンコーストゥディオ世田谷ショップ

アーティスト五味和代とのトークセッション
丁寧に日常を生きる日本のものづくりを考える」

五味 和代
今回 シンコーストゥディオの新作に関わった、ジュエリーアーティスト五味和代。仕事と、アーティストとの二足のわらじを履くからこそ見えてくる、今の日本のものづくりの現状。
今、ものづくりに携わっている私たちは「日本の仕事の衰退」という問題にぶつかっています。これからどうやってモノをつくり、提供し、関わっていくべきなのかを、今回の新作の制作秘話も織り込んで、シンコーストゥディオ代表の米井とディスカッションします。

チトフナ(千歳船橋)のイタリアン「コネクトキッチン」のプチデザートとお飲み物をご用意してお待ちしています。

当日参加歓迎します。
ちょっと買い物のついでに、お立ち寄りください! (さらに…)

11/1(水)~14(火)新宿伊勢丹 JAPAN SENSES 「JEWELRY & LIFE」

11/1(水)~14(火)新宿伊勢丹 JAPAN SENSES 「JEWELRY & LIFE」11/1(水)~14(火) 新宿伊勢丹 1Fメンズアクセサリー売場で「JEWELRY & LIFE」と題して、JEWELRY(ジュエリー)とLIFE(生活)との新しい価値を、若手ジュエリーアーティスト4人が提案します。今回、シンコーストゥディオ代表米井も、企画段階から携わらせていただいております。

JEWELRY & LIFE プレスリリース【シンコーストゥディオ発行】

JEWELRY & LIFE プレスリリース【新宿伊勢丹発行】

 

ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ) 2017年8月30日セミナー

 

JAJイベント「プロダクトデザイナーの視点とプロセス」-プロダクトデザインは日本の工芸とつながっているが、東京ウィメンズプラザで開催されました。


ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ) 2017年8月30日セミナー

ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)イベント「プロダクトデザイナーの視点とプロセス」-プロダクトデザインは日本の工芸とつながっているが、8月30日(水)、表参道・東京ウィメンズプラザで開催されました。
JAJは日本のユニークな技術や感性を引き継ぎ、 自分のアイデンティティを見つめなおし、
社会に必要とされるものづくりをしよう。という考えのもと、2012年に、シンコーストゥディオの米井亜紀子が始めた活動です。

ステップ・ワン代表取締役/元TOTO U.S.A.チーフデザイナーの垣花創(はじめ)さんの講演でした。
『「デザイン」というと、表面的な形を変えたり、ちょっとかっこよくすればそれが「デザイン」だと思っていませんか?
「デザインとは、今までの価値にイノベーション(革新)を起こすこと。」なのです。』と垣花さんのお話でした。

この企画は、ジュエリー業界で働く、あるいは目指す人を中心に、ものづくりをする人に「デザイン」というものに関して、考えてもらいたかったので企画をしました。

表面的なモデルチェンジだけが「デザイン」ではない

私自身は、デザイナーではないので、「デザイン」とは何ぞや?なんて話はあまり深くは語れない。

けれど、ジュエリーのデザインも、もっと主張があっても、あるべきなのではないか?と思い始めました。

しかし、それは決して声高ではなく、形の中にひっそりと、強い信念を持って含まれているものなのだろうと、感じるセミナーでした。

今回は、様々な業種の方も参加くださって、多様性というのでしょうか?色々な価値観を感じられるというのは非常に有意義だったと思います。
この活動が、シンコーストゥディオの制作活動に大いにフィードバックされることをご期待ください。

デザインに関して、少々よい記事があったのでお読みください。

ザ・インタビュー 深澤直人「デザインというものを考える前に」前編へ

JAJ スタディ・ミーティング2017 第3回 石留めセミナー

若手ジュエリークリエーターのための勉強会JAJで「石留め」のセミナーを実施しました

7/12(水)御徒町の 彫り工房 にて、JAJスタディ・ミーティング2017、第3回目の「石留め」のセミナーを開催しました。
JAJ、ジュエリー・アーティスト・ジャパンは2012年にシンコーストゥディオの米井が立ち上げた、若手ジュエリークリエーターのためのコミュニティです。 (さらに…)

西林佳寿子 kazuko Nishibayashi ブローチ

シンコーストゥディオでお手伝いをした西林佳寿子さんの個展に来ていただいた、国際政治ジャーナリストの野嶋さんが、「ジュエリーの力」について非常に鋭い考察を書いていたのでご紹介します。ブログ本文はこちら 野嶋剛OFFICIAL WEBSITE

どうして、人はものに対して、代価を払うのか?ということについて… (さらに…)

nishibayashi kazuko exhibition

西林佳寿子展 SHINKO STUDIO

ドイツで活動する、コンテンポラリー・ジュエリー・アーティスト西林佳寿子展 SHINKO STUDIO Editiomが5/25(木)~28(日)の4日間のみシンコーストゥディオ世田谷ショップで行われました。

土曜日には、西林本人も来店し、お客様との密接な交流をはかることができ、とてもいい空気が流れていました。 (さらに…)

ジュエリーを「つくる」「つける」人をつなぐ

西林佳寿子展 SHINKO STUDIO Extra Edition 28日(日)までの開催です。
そのスペシャルゲストとして制作者でドイツで活動するコンテンポラリー・ジュエリー・アーティスト西林佳寿子が来店します。
ジュエリーを「つくる」「つける」人をつなぐ活動のひとつ。それを理解してくださっての来店。 (さらに…)

kazuko nishibayashi atr jewelry

ジュエリー・アーティスト 西林佳寿子展Extra Version シンコーストゥディオで

5/25(木)~28(日)西林佳寿子作品 シンコーストゥディオで展示できることに なりました。

5/13(土)~ 銀座ACギャラリーで開催された西林佳寿子の個展が好評のうちに昨日終了しました。

お客様より、シンコーストゥディオの世田谷店舗でもぜひ西林作品が見たいという要望が寄せられていましたが、来月西林さんがドイツに戻られる予定では実現は難しいと思っていました。ところが数日前、西林さんより
5/25(木)~28(日)に作品をお借りする許可を頂くことができました。、
さらに27日(土) 2:00~5:00にはお店に来ていただけるとのことです(さらに…)

西林佳寿子 kazuko Nishibayashi ブローチ

アートジュエリーとデザインの関わり方を考える

昨日、銀座ACギャラリーでの西林佳寿子の個展が終わりました。
彼女の創作意欲と、美しい造形、そして知れば知るほどにじみ出る人としての深さ。

今回は、西林さんとシンコーストゥディオが一緒につくったSurface[面と線]も展示いただき、私米井もACギャラリーに在廊させていただき、とても有意義な個展でした。

私たちシンコーストゥディオが、社会の中にある要望や問題をすくい取ってものづくりをする「デザイン」のジュエリーだとすると、
西林さんは自分から創作物を発信する「アート」のジュエリーです。 (さらに…)

Kazuko Nishibayashi jewellry

カタチが何かを訴える

昨日、シンコーストゥディオが関わる西林佳寿子の個展オープニングに参加してきました。
今回、驚いたことにかなりの数の新作を制作し発表しており、そのカタチが訴えかける力のようなものをすごく感じたので、少しご紹介させていただきます。 (さらに…)

Kazuko Nishibayashi jewellery

アートって特別なものじゃないから

2017年5/7(日)~13(土) 銀座ACギャラリーで開催される、ドイツで活動するコンテンポラリー・ジュエリー・アーティスト西林佳寿子の個展。(インフォメーションはこのページの一番下へ)

今回、シンコーストゥディオが関わっています。
もちろん西林さんの作品は造形的に優れていて、確実に楽しめます。

しかし、今回のこの個展ではもう1つ大切な役割をになっています。

「アート」が身近な存在であること。

特別ではないということ。

そういうメッセージを伝えることです。
そして個展の開催にシンコーストゥディオが加わりました。 (さらに…)

シンコーストゥディオ通信2017 4月号

シンコーストゥディオ通信できました。お読みになりたい方はこちらから

シンコーストゥディオ通信 April 2017,

今回は、ドイツで活動するコンテンポラリー・ジュエリー・アーティスト西林佳寿子の個展の楽しみ方とご案内。
そして、シンコーストゥディオの新作の制作プロセスを語っています。
今回は、新しいジュエリークリエーター2人の原案デザインによる新作をつくり始めています。

西林佳寿子ジュエリー展

西林佳寿子ジュエリー展 5/7(日)~13(土)  コンテンポラリー・ジュエリー

近年、ヨーロッパでは街全体を巻き込んだコンテンポラリー・ジュエリーのイベントが増えています。

アートと人、デザイン、商品としてのジュエリー。シンコーストゥディオは人に必要とされる「もの」のこれから考えています。そのヒントの1つとして、5/7(日)~13(土)の西林佳寿子の銀座での個展をご案内いたします。20年以上ドイツでアーティスト活動をしてきた彼女の作品には造形的な美があり、更に日本のアイデンティティが隠し味になっています。 (さらに…)

nozomi[希] リング シンコーストゥディオ

ジュエリーが必要なとき

2月末~3月中旬にかけて行ったシンコーストゥディオよりお願いしたアンケート
「ジュエリーが必要なとき」の集計結果が出ましたので、ご報告いたします。

まず最初に、今回忙しい中、アンケートに答えていただいた方には心よりお礼申し上げます。

このアンケートは、私たちが日々ジュエリーをつくる中で「ものを買うことが、今を生きるの人たちの幸福につながっているのか?」という根本的な疑問から始まりました。 (さらに…)

Kazuko Nishibayashi jewellery

コンテンポラリー・ジュエリー・アーティスト西林佳寿子 個展

5月7日(日)~13(土)に銀座ACギャラリーで行われる、ドイツで20年以上活動するコンテンポラリー・ジュエリー・アーティストKazuko Nishibayashi の個展で、昨年シンコーストゥディオとのコラボレーションでつくり上げたSurface[面と線]が展示されます。 (さらに…)

シンコーストゥディオ リング Isagi [潔]

シンコーストゥディオのウェブサイト新しくなりました!

シンプルに、心地よく、やさしく。メッセージに想いをこめています。

Message

人とつくる、人と交わる

今年のシンコーストゥディオのテーマ。

昨年はドイツで活動するコンテンポラリー・ジュエリーアーティストの西林加寿子とのコラボレイトで作品をつくり、発表させていただきました。

今年は、才能ある若手、ジュエリーアーティストと組んで、新作に取り組み始めています。

若手アーティストとのこれからのプロジェクトはこちら

12
Top