シンコーストゥディオ | デザイン・クラフト・コンテンポラリージュエリー JAPAN

シンコーストゥディオ | デザイン・クラフト・コンテンポラリージュエリー JAPAN

K18 ダイヤモンドリング -アメリカに嫁ぐ前に

K18 ダイヤモンドリング リフォーム シンコーストゥディオ SHINKO STUDIO

シンプルなリングに、一粒のダイヤ。

リングのウデの部分につや消しをかけて。

 

このリング、実は注文した方のお母さんとお揃い。

元々、ご両親が「アメリカに嫁ぐ娘に何か心に残るモノを…」

ということで、家に伝わる様々なジュエリーを、シンコーストゥディオにもって来てくださったことが始まり。

お父様が『日本伝来の組紐のブレスレットをつくりたい』というご希望と一緒に、

「古いリングだけど、どうしたらいいだろうか?」

と持ってきたのが、このリングのデザインの元になったモノ。

おそらく戦後すぐか、もっと前かもしれないそのリングを、サイズ直しをして、きれいに磨き、ウデにつや消しをかけました。

 

そして数か月経ち。

 

今度は、それをもらったお嬢様からのご連絡。

「おじいちゃんの古い純金らしきリングと、ダイヤのプチペンダント。これを使ってリングをつくれないでしょうか?」

「アメリカに行ってしまう前に、母にあげたいのです。」

そして、提案したのが、その純金リングを溶かして、銀と銅で割ることで、K18のリングにして、ペンダントのダイヤモンドをセッティングするデザイン。

まさに、ご両親からお嬢さんがいただいたリングと、似たデザインです。

K18 ダイヤモンドリング リフォーム シンコーストゥディオ SHINKO STUDIO

今度は、少ししっかりと厚みをつけて、内側にはご両親の結婚記念日を彫入れました。

その後、途中段階を一度確認した後に、彼女はアメリカに出発していきました。

そして、完成。

K18 ダイヤモンドリング リフォーム シンコーストゥディオ SHINKO STUDIO取りに来たのは、また、最近ご結婚したばかりの弟夫婦。

母の日に、サプライズでそのリングを上げたそうです。

 

私たちが修理した家に伝わるリングと、おじいさまのリングを溶かしてつくったリング。

この二つのリングが日本とアメリカにある。

この、コロナの状況下、彼女はしばらく日本の家族に会うこともできないでしょう。

でも、同じ指輪をしている母が日本にいると思うと、少しだけ心強いかもしれません。

これから、この一族が歩む歴史とともに、ジュエリーがある。

感慨深く、この仕事の奥深さを感じるのでした。

 

 

 

 

Top