「アレッポ最後の男たち」を見て

令和の始まった、お祝いムードの中、シリアの内戦のドキュメンタリー「アレッポ最後の男たち」を見てきました。

この映画は、ドキュメンタリーですが、ドキュメンタリーとは思えないほどの映像と現実。

そして、家族というものを考えさせられる映画です。

正直、私自身は、シリアの現状に詳しい訳ではありません。

関わりも深いわけではありません。

けれど、知ってみよう

今、世界中で起こっている難民問題の根っこは何なのか、考えてみようと思いました。

令和の始まった、このお祝いムードの中でも、劇場は満席。

お祝いムードと、また違う方向を向いて色々考えている人も結構いることに、

新時代への希望が、かえって湧いたのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top