シンコーストゥディオ | デザイン・クラフト・コンテンポラリージュエリー JAPAN

シンコーストゥディオ | デザイン・クラフト・コンテンポラリージュエリー JAPAN

K18 パールペンダント -たがねのテクスチャー 東洋と西洋が出会う

K18パールペンダント たがねテクスチャー

金の板と板の微妙な組み合わせは、シンプルだけど、ぐっと珠を引き立てる。

その秘密は、金の表面に施された細かなテクスチャー。

片側は、細かい、やわらかい、つや消し。

もう一方は、鏨(たがね)という工具で、細かく彫入れて質感を表現しました。

 

K18パールペンダント たがねテクスチャーほら、細かい線が交差して光っているのが、見えませんか?

ジュエリーの様に、長く身に着けるモノは、つくる人間のその卓越した手が、魂が

入らないと、気持ちを動かすジュエリーにはならない。

特にカスタムオーダーは、つくる人間たちにとっても、一回一回が、試練であり、楽しみであります。

毎回、何か新しい試みをしていくことが本当に楽しい。

K18パールペンダント たがねテクスチャー

『きらびやか』ではないかもしれない。

けれど、今、このコロナの時代には、こういうジュエリーかな?と思うのです。

 

K18パールペンダント たがねテクスチャー

「ステンレスのゴールドと紅のネックチェーンを、その日の気分で取り換えて着けたい。」

という要望で、2本お求めいただきました。

日本人なら、「水引」に見えるけれど、きっと海外では、また違った捉え方をするのだろう。

金工の技と水引の東洋と南洋パールの西洋が、ものの見事に溶け合いました。

 

Top