シンコーストゥディオ | デザイン・クラフト・コンテンポラリージュエリー JAPAN

シンコーストゥディオ | デザイン・クラフト・コンテンポラリージュエリー JAPAN

10/9(水)アプライドアートの 波がきているらしい  日本にいながら海外で活躍するコンテンポラリージュエリー・アーティスト達のトークセッション

ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)主催、シンコーストゥディオ協賛で10/9(水)渋谷区文化センター大和田で19:00より開催。

今回は、ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)のメンバーだけではなく、一般の方にも公開します

JAJevent2191009

Metamorphosis Mineri Matsuura ブローチ シルバー

 

「アプライドアート(応用美術)」って聞きなれない言葉ですね。

実際に使えるものにアートの技法や感性を応用していくアートでありデザインともいえるかもしれません。

Asagi Maeda,

 Welcome to Shinkansen:Asagi Maeda ネックレス シルバー/K18/サファイヤ/アクリル

 

鑑賞するだけではなく、使えてしまう家具、食器やもちろんジュエリーも、広くは建築もアプライドアートの一種と分類する人もいます。。

アート、デザイン、クラフトなどが一体となった文化を楽しむ流れが、今までアートに親しまなかった人たちにも広がっています。

そして、海外には日本で言う「工芸」という概念がないので、「工芸」もこのアプライドアートにはいり、なんだか自由であります。
今回は、日本にいながら、果敢に海外で闘っているコンテンポラリージュエリーのアーティストの3人のお話。気持ちいいぐらい既成概念がないのに、社会に対する優しいまなざしと強い芯をもっている。

Manami Aoki ブローチ  木 

彼らの作品について、海外でのエキジビションやアワードについて、果ては工芸についても話してしまおうと思っています。ファシリテーターはシンコーストゥディオ、ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)代表の米井が務めさせていただきます。

詳しくはこちらから
https://jewelryaj.org/20191009appliedarts-artjewelry/

 

Top