グレイフル・テッドにマーケティングを学ぶ

「グレイトフル・テッドにマーケティングを学ぶ」この本は多分結構前に読んだのだけれど、思い起こして、読んでみて、またなんとなく

糸井重里さんが帯に書いているように

「これでよかったのだ」

と、思ってしまったので、ちょっとブログで紹介しておこうかと思います。

2012年に出版された、アメリカのHubSpot というアメリカソフトウェア会社のCEOのブライアン・ハリガンとマーケティングのプロフェッショナルデヴィッド・ミーアマン・スコットの著書。HubSpotはアメリカで最も就職したい会社に選ばれた。

監修は糸井重里さんがやっているのだが、その冒頭の文章に。

「この本をまとめている最中、2011年3月11日の大震災がありました。

日本は、もう、それ以前には戻れない。

だったら、戻るんじゃなくて「横へ向うへ、前は後へ」の精神で、新しい道を歩んだらどうだろう。

上を向いて歩くのはいいけれど、上を目指してばかりというのは、どうもちがうみたいです。」

と書いている。

今までの枠にとらわれない、しかも効き目があって未来につながることを、しよう。

そういう、お誘いの本でもあります。

本来のマーケティングというのは、人が必要としているものを、感動と共に運んでいくってことなのだと思う

「これでよかったのだ」

と私もうなずける本なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top