オリジナリティって何だろう?

コロナの騒動も、少しずつ終息した気配で、東京も何やら「東京アラート」なるものが解除されたらしいです。

2か月休業して、仕事っていうものが、お金のためにやったら、ばからしいということがはっきりしてしまいました。

正直、まだまだ人々は積極的に出かける機会も少ないし、リモート勤務もそのままなので、

ジュエリーなんて要らないですよね。

それを無理に売ろうなんてこと自体、間違っている。

多分、本当に皆が今の時代にほしいもの、必要とするオリジナリティがあるモノをつくりだして、伝える手段を持つことで、儲かりはしないかもしれないけれど、きっとどうにかお金は、回っていくだろうと、信じています。

この2か月、何をやっていたかといえば、もちろんありがたいことに、ウェブ上での打ち合わせで、注文をいただきデザインをしたり、あるいは海外からの注文を頂いたりしていました。

けれど、一番時間を割いて、いまだに途上なのは、新しいデザインのジュエリーのアイデアです。

紙でたくさん、たくさん折り紙をしたり、真鍮で形にしてみたり。

また、3Dプリンターはだいぶ慣れてきましたが、色々なシステムを組み合わせて出力しなければいけないのは、ちょっと大変です。

そのたびに、Googleって、情報を探したりして進めました。

とにかく、とても時間がかかりますね。

まだまだオリジナリティがあるとは言えないけれど、オリジナリティって、必ずしも機材やシステムがそろっていて、多くの人がいるからって、できるものでもないでしょう。

誰も行かない道を、自分の感覚で進んでいくことだと、そんな風に思えます。

今の人が感じている、痛みや、喜びや、ちょっとした微妙な感覚を感じることを忘れず、仕事をしていきたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top