デザインとアートの狭間のジュエリー

デザインとアートは違うという。

けれど、それを買ったり、所有する人たちにとって、その境界線は曖昧(あいまい)でいいような気がします。

自分から、「つくりたい」という動機でつくったアーティストのモノが、

結構今の時代の求められているのもになったりする。

それは、ある意味、「いままでだれも気づいていないことを提案していく」

というデザインの基本原則。

ジュエリーに関していえば、今、アートとジュエリーのハザマにあるモノのの方が、

求められているように思う。

そんなことを思いながら、ジュエリーアーティストと新作の仕事をしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top