シンコーストゥディオ Artists & Craftsmen ジュエリー from Japan

シンコーストゥディオ Artists & Craftsmen ジュエリー from Japan

K18WGシェル・イニシャルペンダント カスタム・オーダー・リフォームー家族の思い出がいっぱい詰まった

シェルにイニシャルのプレートが揺れる


家族の思い出がいっぱい詰まった シェル + イニシャル ペンダント

ある日、奥様へのプレゼントに「この貝を使ってペンダントをつくれますか?」と店頭に小さな、白い貝殻をご主人様がお持ちになりました。10年程前にご家族で沖縄のその先の離島にご旅行に行かれたときに、美しいビーチで拾われたのだといいます。

何ともロマンチックなお話。

何とか、高級感のあるペンダントにつくり上げられないものか?デザイナーと職人で色々と可能性を話しあいました。

 

貝の素材でも、つくりをきちっと仕上げる

 

基本となる素材は海岸で拾った貝。しかし、貝というものは、磨きをかけると美しく光沢が出て美しいものです。真珠ができる貝である白蝶貝などもヴァンクリーフなどが、ジュエリーとして使っています。要するに、安っぽく見えてしまうかは、つくり次第なのです。

そこで、貝上部に穴を開け、少し厚めのホワイトゴールドの板を、貝の形に合わせ、すり出してつくっていくことに。

 

手彫りでイニシャルを彫りいれる


家族の思い出がいっぱい詰まった シェル + イニシャル ペンダント

その板に、少し贅沢ではありますが、鏨(たがね)で奥様のイニシャルを彫ってみました。アクセントに、アメジストも石留めをしました。

やはり、手彫りのイニシャルって、キラキラ光ってきれいですね。

 

今回このお仕事をさせて頂いて、改めて「ジュエリー」というものの最も大切な定義を思い出します。

誰かと共有した素敵な時間を、形にし、身に着け、いつの時でも心の支えとなるようなものでなくてはならない。

こうやって出来上がったジュエリーには、高価な石だとか、ブランドであるとか、そういったものを超越した力がある。そういう大事なことを再確認させて頂けるお仕事でした。

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top